2017年06月29日

健康・運動

健康管理において、運動はとても重要な要素です。


現代の日常では移動手段に車を頼り、建物の中でもエレベーターを使用
することが多いので、必然的に運動量は減少してしまいます。


このことが生活習慣病を増加させる原因となっています。


運動不足になると、まず筋力の量は低下して、逆に体脂肪が増加して
しまいます。


この体脂肪も、必ずしも“肥満”という目に見える形で蓄えられて
いるとは限らないのです。


知らない間に「内臓脂肪」というかたちで蓄積されていることもあります。


外見ではスリムな人でも、大量の内臓脂肪を抱え込んでしまっている人が多く見られます。


この内臓脂肪が、“健康管理の注意点”と、最近言われております。


内臓脂肪の増加は、糖尿病や血栓症や動脈硬化や高血圧症の促進に
なります。


知らないふりをしていると、取り返しのつかないことにならないように!


また、運動不足は体力の衰えとなり、心肺機能も低下させてしまいます。その後、疲れやすくなったり、疲労回復が遅くなってしまいます。


健康管理には、適度な運動の習慣を身に付けることが、とても重要であり大切な事なのです。




●健康食品に関する制度――特定保健用食品(トクホ)


健康食品市場は、今、健康ブームに乗って急成長を遂げています。
しかし又その一方で、日本では法律上、健康食品に対する明確な定義づけがなかったために、“健康食品”と称する粗悪な商品が多く出回って
いるのが事実です。


2001年に、厚生労働省は「保健機能食品」制度を設けましたが、
これは消費者に対して健康食品やサプリメントなどに関する適切な情報
提供を行なうことを目的としたものです。


保健機能食品は、特定保健用食品と、栄養機能食品に分けられて、
特定保健用食品(通称トクホ)とは
「特別用途食品のうち、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」のことで、
厚生労働省が認めた場合、効果の表示が可能になったのです。

では又・・・
posted by kazuya at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34327031

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。